製品情報‎ > ‎Harmonic製品‎ > ‎

Encoder

米国Harmonic社製エンコーダは、放送用のリアルタイムエンコーダとして世界中で何千もの番組を日々支え続けています。
最新のDivicom Electra エンコーダシリーズは、低ビットレートでも安定した画質を提供することが可能です。
またHarmonicが長年にわたって研究して来た統計多重を用いることで、帯域を効率的に活用し通信コストを削減することができます。


製品概要

Divicom® Electra™ 9200
世界初。モバイル&Webストリーミングに対応した最新の放送用エンコーダ

製品パンフレットはこちらをクリックしてください。

Electra8200の機能を継承しつつ、以下の新機能を搭載しています。

◇ マルチウインドエンコード対応
1枚のエンコードボードあたり最大8プロファイルのエンコードが可能(H.264 MPまたはBP)
放送用エンコーダとの切替えが可能
◇ フィールドでのコンポーネント交換に対応
エンコードボード、拡張ボード、電源、ファンの全てのコンポーネントを出荷後でも追加、変更可能
◇ 強力なIPポート
4つのGbEポートを装備。TSの入出力が可能で、ポート単位にトラフィック設定が可能
UDP、RTPのサポート。FEC対応
◇ 入力ビデオのルーティング
ビデオルータが追加され、最大4のHD-SDI/TS入力をいずれのエンコードボードにも出力可能
◇ 冗長電源に対応
電源の二重化が可能




Divicom® Electra™ 8200
マルチコーデック、マルチフォーマットに対応した最新の放送用リアルタイムエンコーダ。
Hermonicの優れたエンコード技術により、高品質なビデオ配信を可能とします。

製品パンフレットはこちらをクリックしてください。

◇ 1RUの筺体に最大で4チャンネル分のエンコーダを内蔵可能
◇ マルチコーデック(H.264/MPEG2)、マルチフォーマット(HD/SD)に対応
◇ 5.1chを含むAC3、AAC、HE-AACなどの音声コーデックに対応 
・AAC5.1エンコードが可能。また、ARIBの音声モード切替えにも対応
◇ IP出力とASI出力の双方に対応※ASIボードはオプション
IPマルチキャスト、IPユニキャスト出力に対応
◇ 統計多重機能を搭載
1筐体のみで最大4チャンネルの統計多重出力が可能
◇ フォーマットコンバート機能を搭載
HD入力をダウンコンバートしてSD出力、SD入力をアップコンバートしてHD出力が可能
HD出力を行ないながら、同時にSDのサイマル出力が可能
◇ 各種ARIB対応
ARIB字幕、音声モード制御、各種シンタックスなど主要な国内仕様をサポート